FC2ブログ
2014/11/07

ふきんこ汁作り

先日、農家のお母さん方でつくる「えさし水土里(みどり)の会」さんから「ふきんこ汁」の作り方を教わってきました。

「ふきんこ汁」というのは昔農家さんの家などでよく食べられていた、ジャガイモで作った団子が入った汁ものです。私は江差に来て初めて食べました。

団子の触感を決めるのはおろし金。
太すぎず細すぎず、鉄板に釘で穴を開けた特製おろし金を使います。
1.jpg

イモの皮をむきすりおろします。
手を切らないように要注意!
2.jpg

すりおろしたイモをふきんで絞ります。
「ふきんこ」の名前はここからきているとか。
3.jpg

しぼったジャガイモ。
このまま焼いたり揚げたりしても美味しいかも?
4.jpg

しぼった汁をしばらく置いておくと下にデンプンが溜まります。
上澄みを捨てデンプンのみ先ほどのしぼったジャガイモとまぜます。
5.jpg

団子作り。
小さく平たく作るのがポイント!
6.jpg

作ってあった出汁で煮て完成!
美味しそう!
7.jpg

お餅が貴重だった時代、てまひまをかけても子供やご主人に美味しいものを食べさせてあげたいと言う、お母さんの愛情が産み出したアイデア料理なのだと思います。
とっても美味しくて心あたたまる「ふきんこ汁」でした。
お店より | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示